フェイスブックとの連携テスト

October 03 [Mon], 2016, 14:12
試行錯誤してますが、なんかうまくいきませぬ。


懐かしい昔の写真でもアップしてみよう。

熊本チャプター野尻湖。




瀬古リグで活躍してくれたライトタックル。

ダウンショット&ワッキージグが得意だったなぁ〜。




最高齢バサーながらお立ち台のトップにも何度か立ったこともありました。

宮崎県のバスフィッシングスポット

July 17 [Fri], 2015, 15:48
夏休みに宮崎県へ遊びに訪れ、余った時間を利用してバスフィッシングを楽しみたい人のために余計なお世話を。 

野尻湖の事ならルアーショップBASS-Qロケット
ロケットさんのブログ ROCKET Blog は野尻湖でバス釣りをするには参考になるでしょう。

大分県の北川ダムから小林市の野尻湖、御池、西諸県郡の小野湖(須木湖)までの釣り場は ポイント探索 で。

野尻湖のお勧めポイントを動画で。


宮崎県のバス釣り情報はブログ メガバスとバス釣り から。

随分前のブラックバスの 釣果情報

宮崎県のブラックバスの釣果シークレットポイント。
ルアー,ロッド,リールの(仕掛け・釣具) からポイント最大サイズまでの宮崎釣り場最新情報なら ブラックバス-宮崎県ポイント分析ブラックバス - 釣り情報フィッシングラボ です。
兎に角、初心者から上級者までブラック バスの爆釣に必要なことがわかります。

参考までに2013年から宮崎県野尻湖と小野湖においてバスフィッシングトーナメントを開催している 小林バスクラブ(KBC) さんのホームページです。

またこんな悲しい事実も。
バス駆除が宮崎県で実施される。

 は2006年9月7日に延岡市浜砂ダムの陸ッパリで釣った55センチ。 
ラインは4lB、ダウンショットリグでした。

 は小林市の野尻湖で3匹リミット3,020グラムでウェインして第二位のお立ち台に立った時のバス。 

その時の模様です。
NBCチャプター熊本第5戦ポパイ57熊本店カップ

同じく野尻湖戦で優勝してお立ち台の一番高い所に立ったこともありました。 
ちなみに熊本チャプターでの最年長バサーでした。 

その時の模様は 「勝利の女神が微笑んだ日」 でどうぞ。

当時の愛艇「サンクチュアリ」号。
クイントレックスのVハル12フィートにヤマハのエンジンV−MAX Jr 15馬力とミンコタ74マクサム24V仕様のエレキをセットしていました。

野尻湖スタート前の風景。
懐かしいです。

ベイトタックルと、

スピニングタックルですが、ダウンショット(アンダーショットリグ・常吉リグ)とワッキージグが得意でした。

当時のチャプター仲間。
熊本チャプターにアクティブに参戦していた宮崎の日和佐君(右)と白石君です。
また、出たいね。

浜砂ダム

April 07 [Mon], 2014, 16:10
仕事で鹿狩瀬まで行ったついでに、久々のバスフィッシングです。

アイススティックのダウンショットリグで2時間程キャスティングしましたが、ワンバイトもありませんでした。


フィッシングプライヤー捕獲作戦

August 11 [Wed], 2010, 21:24
実は先日日曜日のバス釣りの時、気に入っていたラパラのフィッシングプライヤーをチャッポンしていました。

水中眼鏡で潜って探すのはちょっと心細いしで、色々と考えた末、強力な磁石で吸い付けて捕獲することを考え、
本日の午後、捕獲作戦決行です。


 がその磁石。
トランペットスピーカーのドライバー部分の磁石です。
これを磯ハンターで結び、落ちたであろう付近を目掛けて放り投げました。

すると
こんなことってあるんでしょうか
何と一発でプライヤーを探り当てたのでありました。


命拾いしたラパラのフィッシングプライヤーと強力磁石。


そしてついでにキャストしたリグに食い付いてきたのは、やはり先日同様豆バスが3匹でした。
ちなみにリグはジグワッキー、ワームはガルプのクローラーでした。

浜砂ダム

August 08 [Sun], 2010, 13:31
家でまったりと過ごすのはあまり性に合わないので、 模様の中ではありましたが、バスフィッシングに出掛けました。


家を出たのは午前8時半少し前。
ステラ2000SDHに東レのスーパーハード4lbを慌てて巻き直し、向かったのは浜砂ダムでは1級の陸っぱりポイント、ダム中流の旧堰堤跡です。
此処は先客が居たら諦めるしかありませんが、こんな不安定な天気、幸いにして陸っぱりのバサーは誰もおりませんでした。


リグはダウンショット。
ロッドはハンティングスペシャルHSS-601US。
ワームはロボワームのアイススティック。
約2年ぶりのバスフィッシングです。

8時54分、ファーストキャスティング。
対岸にはジョンボートがバス釣りを楽しんでいました。

9時4分、喉奥深くフックを飲み込んで1匹目が釣れましたが、豆バスです。

時間は9時半頃。
雨も降らず、陽も照らずのグッドコンディションだったのですが、2匹目はワームとほぼ同じ長さの小バスでした。

3匹目は9時59分、しかしこれもノンキー。

10時14分、激しい に、傘を差したまま身動き取れません。

11時2分、4匹目。
これもノンキー。
サイズアップなりません。

5匹目は11時13分。
ぎりちょんではありますが、何とか1匹目のキーパーサイズです。
しかし昔釣れていた40アップは何処に行ったんでしょうかねぇ〜

11時49分、あまりにも激しい と豆バスにギブアップ、それでも2年ぶりのバスとの対面に楽しい半日を過ごすことが出来ました。

元気にしてますか ?

July 15 [Wed], 2009, 20:23
              元熊本チャプターの日和佐、白石両君、
              しばらく顔を見てませんが、元気にしてますかぁ〜。


              7月25日(土)、宮崎で飲み方があって泊まるんだけど、一杯やりたいですね。

        

沖田ダム

May 10 [Sun], 2009, 19:08
     スクータリングのついでに様子見に行ってみましたが、     日曜日の好天、そして市街地から近いとあって、大勢のバサーがバス釣りを楽しんでいました。          陸っぱりは勿論、     エレキを装備したジョンボートも湖面に浮かび、トッププラグをキャストしています。
     そして、待望のフィッシュ です。

さいなら・・・・・・・

June 29 [Sun], 2008, 8:18
一昨日の金曜日、遂にアルミボートを手放しました。


本当は還暦を迎える今季まで、最高齢のバサーとして熊本チャプターに出る予定であったのですが、トレーラーを牽引するランクルプラドが無くなっては諦めざるを得ませんでした。

それでも未練を引きずっていたバストーナメントでしたが、これで完全に諦めが付きました。

1.5トントラックに取り付けたヒッチメンバーにトレーラーを連結、愈々オサラバです。

船体はマーキュリー・クイントリックスV12。

ボートの名前は「サンクチュアリ」・・・・・・聖域・・・・。

エンジンはヤマハVマックスJr15hp、エレキはミンコタの75Lb、

V12では最強の駆動力でした。

魚探はホンデックスHE5600とHE5700。

色んなところに小銭を掛けて改造した愛艇でした。

こいつのお陰で大分と熊本チャプターでお立ち台に立つことも出来ましたし、

北山ダムの九州チャンピオンシップに出場して6位入賞も果たし、

熊本チャプターでは息子と一緒に出場して親子の絆をより一層深め、

そして、掛け替えのない沢山の若いバサー達とも友達になりました。

でも、とうとうオサラバです。

途中、国道10号線の北川町熊田でトレーラーの連結部分やタイヤ、ボートなどを点検して、再び走りました。

サンクチュアリ、数々のドラマをありがとう。

そして、さいなら・・・・

北川ダムのバス釣りその2

August 20 [Mon], 2007, 6:03
この川は、北川ダムの支流の市園川で、その上流に蔵小野橋があり、その橋の下のボートスロープがこれです。
久々のトレーラー運転はバックが全くお粗末で、誰からも見られず一安心でした。
市園川をダム方向に下っていくと途中で田代川と合流します。
その合流点を右に曲がり、上流へ上って行くとこの田代橋と石造りの眼鏡橋に出くわします。
増水するとこの眼鏡橋は水の下になってしまいますが、この程度の水量時の眼鏡橋は、オカッパリの最高のポイントで、私のブラックバスの記録である57センチもこの眼鏡橋の付け根のストラクチャー周りでヒットしたものでした。
エレキの横の魚探の水温は32.9度をデジタル表示してます。
水深は2.7mです。
この魚探はエレキで走行しながら釣りをしてる時に使い、ベイトフィッシュの様子やボトムの状態、深さなどを探ります。
きょうは5本のスピニングタックルと、3本のベイトタックルをボートに積み込みましたが、実際に使ったロッドは計3本でした。
この画像に見える魚探は、エンジンで走行している時に使う魚探です。

北川ダムのバス釣り

August 19 [Sun], 2007, 19:20
北川ダムで私が真っ先に狙うのは、道の駅「うめりあ」の「唄げんか大橋」の北詰下の岬です。
得意のダウンショットリグで狙ってみましたが、フッキングしてくるのはマメばかり、大きくても35センチ止まりでした。
嬉しい40アップはダムサイトでヒットしました。
リグはダウンショット、ガルプの5”ワッキークローラーのスモークカラー、5.5mラインのズル引きにアタックしてきました
連続の40アップ、しかも先ほどのよりもはるかにデカイと思ったのですが、ちっ ナマズとは。
唄げんか大橋の下の陰で小休止、オニギリタイムですが、斜張橋の幾何学的な美しい構造に暑さを忘れて暫し見とれます。

撤収

August 19 [Sun], 2007, 16:11
40サイズ1本と豆バス多数で午後4時,、北川ダムを後にしました。
釣果は今一でしたが、2007年初出撃にしてはまあまあでしょう。
それより何にも増して嬉しいことに、私のブログ「価値ある1尾」の読者から声を掛けられたのでありました。
大分のバサーの方二人でしたが、名前も伺わずに大変失礼致しました。
是非ともまた遊びに来てコメントを書き込んでください。
暑い中、お疲れ様でした。

ボート降ろし成功

August 19 [Sun], 2007, 10:21
大分県佐伯市宇目町の北川ダムです。10時過ぎ、無事にボートを降ろす段取りが出来ました。

降ろすだけで既に汗びっしょりですが、頑張って今から初出撃してきます。

初出撃

August 19 [Sun], 2007, 9:25
昨夜予定していた島野浦の夜釣りは、ウネリで中止でした。
ならばと本日はクロ釣りを計画したものの、これもウネリが大きいとのことで断念、急遽バス釣りに変更となりました。
ただ今ボートを牽引してR10号を北上、北川ダムへと向かってます。
ボートを降ろせるだけの水量があれば良いのですが。

07の初バス

July 19 [Thu], 2007, 6:49
ゲットは、北川ダムのオカッパリでした。長さ的にはまずまずのサイズなんですが、スポーニングを終えた後のガリガリに痩せたバスでしたので、重さはキロあるでしょうか

が北川ダムの概要地図です。
中岳川、田代川、市園川の三つの河川から成り立っており、それぞれの河川に魅力的なストラクチャーやインレットがあったりしてますのでボートフィッシングであれば、面白い釣りが楽しめますし、60アップも夢ではありません。


この日も、大分や宮崎、福岡などから沢山のバスマンが訪れてボートを浮かべていました。

このバスは市園川の最上流部、の概略地図の○で囲んだ部分、まるで渓流みたいなところで釣りました。
普段此処まで水のあることはほとんどありませんが、雨などが降り続いて増水し、ダムが100%貯水すると此処が最高のバスポイントとなるのであります。

NBC熊本チャプター

July 13 [Fri], 2007, 7:31

明後日、7月15日開催予定であった第3戦市房ダム戦は、台風4号接近に伴うフィールドコンディションの悪化が予想されるため延期となりました。

で、台風第4号 (マンニィ)の13日午前6時の位置ですが、7月13日6時50分、気象庁の発表によると那覇市の南南西約80Kmにあるそうです。


<13日06時の実況>
 
  大きさ:大型
  強さ:非常に強い
  中心位置:北緯25度30分
         東経127度25分
  進行方向と速さ:北へじそく20Km
  中心気圧:930hPa
  中心付近の最大風速:50m/s
  最大瞬間風速:70m/s
  25m/s以上の暴風域:東側 370km
                西側 190km
  15m/s以上の強風域:東側 600km
                西側 520km

のびおかも、昨夜から断続的な強い雨が降り続いており、共に警戒が必要な台風4号となりそうな気配です。
きょうは雨合羽を着て、台風対策です。

皆様も、台風対策を怠り無く

そして、くれぐれもお気を付け下さい

気になるマンニィの動き

July 11 [Wed], 2007, 12:36
台風第4号 (マンニィ)の7月11日午前6時40分、気象庁発表の11日午前6時の実況です。

  
 強さ:強い
 存在地域:フィリピンの東
 進行方向、速さ:北西 35km/h(18kt)
 中心気圧:965hPa
 中心付近の最大風速:35m/s(70kt)
 最大瞬間風速:50m/s(100kt)

14日03時の予報
 強さ:強い
 存在地域:九州の南
 進行方向、速さ:北 25km/h(13kt)
 中心気圧:945hPa
 中心付近の最大風速:40m/s(80kt)
 最大瞬間風速:60m/s(115kt)
 予報円の半径:540km(290NM)
 暴風警戒域 全域:750km(400NM)

  
(気象庁ホームページ、台風情報より抜粋しました。)

http://www.jma.go.jp/jp/typh/

は熊本県球磨郡水上村の市房ダムにあるあめんぼう館の駐車場。
    (画像はNBCチャプター熊本=http://www.geocities.jp/mmhide1018/index.htm=様からお借りしました。)

そしてがNBCチャプター熊本のホームページの2007年7月6日付けのお知らせです。

2007/7/6
 市房ダムの水位およびスロープ状況!
 現在、市房ダムは先週により4mほど増水してます。
 後、1mほどであめんぼ館駐車場が浸かりますので、
 カートップの方は今後の水位状況に注意して駐車してください。
 球磨川上流も駐車スペースが限られてきますので整理整頓の上、
 駐車お願いします。
 大雨での増水と放水の量しだいで水位が1日で増減しますので、
 プラ等で入られる方は各自判断のもと、十分に注意してください。


つまり、の画像で軽トラックの停まっている駐車場が、後1mの増水で冠水してしまうのであります。

は、トレーラーでボートを降ろす時のスロープですが、これ等が全て水の中に没してしまうのです。
そうなっては、トーナメントどころではありません。
ましてや、の14日03時の予報通りとなれば、15日の大時化は間違いありません。
この長雨にも困ったものですが、台風の動きも大いに気になるところです。

7月15日はNBCチャプター熊本の第3戦、市房ダム戦です。
今年から開催日が大幅に変更になったため私は第1戦と第2戦が磯とガッチンコ、今回の第3戦が2007年初のエントリーなんですが、台風4号の動き次第です。
さてはて、如何なりますことやらでございます。

北川ダムと浜砂ダム

May 10 [Thu], 2007, 8:21
は大分県佐伯市宇目町北川ダムの田代川に架かる田代橋。
普段は水の下に没している古〜い石橋なのですが、ご覧のようにダムの水は大減水でボートを降ろすスロープは干上がっています。
したがって現在の北川ダムでのボートフィッシングは不可能です。
ダムサイトで陸ッパリを一度やってみましたが、バイトはありませんでした。
一方は自宅から25分もあれば着く、祝子川の上流にある浜砂ダム。
満水の水を貯え、新緑のグリーンが川面に映え、とても美しい風景です。
この画像の付近には昔の堰堤跡のマンメイドストラクチャーがあり、浜砂ダムの中では最高のバススポットです。
ここからも今年3度ほどキャストしてみましたが、たった一度のバイトもありませんでした。

そんな訳で、今年はまだ一度もブラックバス特有のあの臭いを嗅ぐことが出来ないでいます。

始まりと終わり

October 30 [Mon], 2006, 9:16
スタート前の風景です。
50艇以上のボートが野尻湖に浮かびました。
第一フライトのスタートは午前7時20分、私は第三フライトの17番スタートです。

大増水のため、何時ものようにトレーラーでボートを降ろすことが出来ずに、このスタートまでは困難を極めましたが、熊本チャプターの役員さん達の不眠不休の努力により何とか無事開催にこぎ着けることが出来ました。

午後5時過ぎ、西の空は美しい夕焼けに染まり、夕闇が迫ってきました。
しかし、ボートを上げる作業がまだ続いています。
福岡や長崎など遠方から参加した選手のボートを優先的にトレーラーに積み込みます。
私達が自分のボートでその選手達のボートをスロープまで引っ張って持って行き、1艇ずつトレーラーに積み込むのです。
そして最後に私達のボートの積み込みですが、私達がボートを積み込む場所はトレーラーが入り込めませんので、人力作業でトレーラーのところまでボートを運んで積み込まなければなりません。
私の12ftのボートでさえ重さは150Kg前後、13ftのボートになると300Kg以上はあります。
これを熊本チャプターから参加した選手の皆で協力して「せーの」の掛け声とともに陸に引っ張り上げて積み込むのです。
20艇以上のボートの積み込み作業を終えたのは午後6時を過ぎていました。
久々に私の腰も悲鳴をあげていましたが、かって磯釣りでは体験したことのない全ての作業を終えた後の爽やかな充実感に包まれながら会場を後にしたのでありました。

藤原ブロック長、熊本チャプターの那須会長他、熊本チャプターの役員及び選手の皆さん、本当にお疲れ様でした。

私の帰宅は午後9時を過ぎていましたが、お風呂に入って爆睡でした。

NBC九州チャプターチャンピオンシップ

October 30 [Mon], 2006, 7:44
参加54名、検量42名でNBC九州チャプターチャンピオンshipが終了しました。
私は215gの豆バス1匹で終り、何とかボーズは逃れたものの、順位は39位と散々たる結果で今年のバスフィッシングを終えました。

しかし215グラムとは申せ、バスに違いはありません。
これこそボーズを免れた、まさに貴重な「価値ある1尾」でありました。


優勝のウエイトは3,095グラムで、ただ一人3キログラム台を検量しました。
お立ち台の5位の選手の検量が1,785グラム、ボーズの選手が12名も居りましたので、如何にハイプレッシャーのコンデイションであったかが窺い知れます。
ちなみに、検量率は77%(42名)、3匹ののリミットメイク達成率が51.9%(28名)で釣れたバスの総匹数は104匹、総重量は40,650グラムで、1匹あたりのバスの重量は390グラムでした。

ゆ〜ぱるのじり駐車場

October 28 [Sat], 2006, 20:24
今夜の夕食はアルコール抜きでしたので、今から爆睡増進剤の焼酎「霧島」を楽しみます。
肴はサバの味噌煮の缶詰です。
わびしい寝酒ではありますが、好きなことに夢中になる充実感で満たされています。

ほれでは おやすみなさい・・・・・・・・

晩 飯

October 28 [Sat], 2006, 19:34
いつも通り晩飯は「勝つ定食」です。
目の前では同じ仲間の何処かのバサー達が酔っぱらって騒いでいます。
まったくマナーの悪い奴等ですわ。
普段であれば、この食事にが私の定番なんですが、騒々しさにゆっくりと食事をする気にもなれず、を飲むのを断念しました。

プラクティス

October 28 [Sat], 2006, 14:36

13時、プラを止めました。

野尻湖の水位は今まで経験したことがないほど、増水をしていました。その影響かどうか分かりませんが、プラでは画像の一本だけしか釣れませんでした。およそ700グラムです。

さてさて本日は大変な忘れ物をしていました。
魚探を忘れて来たのです。
そこでかみさんに電話して、自宅から宮崎まで佐川急便の宅配便で送って貰うように頼み込みました。野尻湖まで宅配するのは明日になると言うので、とりあえず佐賀急便の宮崎営業所まで届けるようにしましたので、それを受取りに今宮崎まで走っているところです。

NBC九州ブロックチャンピオンシップ

October 27 [Fri], 2006, 19:50
NBCチャプター九州ブロックチャンピオンシップ
in Lake Noziri


明後日の29日はNBC九州ブロックのチャンピオンシップが宮崎県の野尻湖で開催されます。
私もかろうじて参加権利を獲得していましたので、年甲斐も無く最年長出場して来ます。
明日1日のプラクティスでいきなり本番突入ですので、普段の釣りを心掛けるしかありません。
よってリグはの通り、スピニングタックルのセコリグオンリーです。
向かって右からアンダーショットリグ、ジグワッキーリグ、ライトジグヘッドリグ、ネコ&ノーシンカー&ワッキーリグ、ライトラバージグの5本のスピニングタックルで挑みます。
食わせのパターンなどと言ったところでおじさんに解かる筈などありません。
したがって、今更じたばたしたところでどうにもならないのであれば、普段着の釣り、これで結果を出すしかないのであります。

明朝午前3時、トレーラーでアルミボートを牽引して出発です。

柳の下のどじょう

September 10 [Sun], 2006, 14:19
今朝の起床は午前5時、小雨が降る窓の外は真っ暗です。
現在受講している日曜日度のセミナーは今日、お休み。

それではと、バタバタと顔を洗って、トイレを済ませ、6時には自宅を出ました。
途中、コンビニでサンドイッチとカフェオレを買い求め、これで朝飯はOKです。

そして、小雨に煙る浜砂ダムに到着したのが6時30分。
アルミボートが2艇、湖面に浮いていました。
私は先日55センチを釣った旧堰堤後からのオカッパリです。

勿論、魂胆は柳の下の二匹目のどじょうであります。

雨降り、上流の祝子ダムは放流中、キッカーバスを狙うには、この上ない条件が揃っています。ところがフッキングしてくるのは豆バスばかり、大きくても30センチあるかないかです。
3時間粘ってキャスティングを繰り返しましたが、世の中そうそう甘くはありません。
「柳の下のどじょう」はいませんでした。

上流にある祝子ダムの放流により、浜砂ダムも上部から溢れた水が流れ出ていましたが、まるで、消火器の泡が流れているような感じです。
の画像は、のダムを真上に架かっている橋の上から見たのですが、ツーッと滑ってドッボンと落ちたら、気持ち良さそうな感じでした。

ブラックバス、55センチ

September 07 [Thu], 2006, 15:04
が浜砂ダムのオカッパリでキャッチした55センチのブラックバスです。
数年前に大分の北川ダムで56センチをキャッチして以来の55センチオーバーでした。

ヒットしたのは14時45分、豆バスが釣れたすぐ後の3投目のキャストにヒットして来ました。

ステラ2000SDHのドラッグから20m以上も4Lbのラインを引き摺り出し、猛烈なファイトで抵抗を繰り返しましたが、何とか足元まで引き寄せ、ハンドランディングで無事にキャッチング成功、セルタイマーを使っての一人記念撮影でした。

はGFG九州地区本部、年間大物申請用の写真です。
正確に計測したら55.5センチありましたが、画像では55センチにしか写りませんでしたので、55センチでの申告です。

55センチ

September 06 [Wed], 2006, 19:54
      宮崎県延岡市の浜砂ダムの旧堰堤跡です。

午後2時30分過ぎから、こでの久しぶりのオカッパリをやってみました。
ラインの動き、そして穂先に伝わる微妙な変化を求めるべく全神経を集中してダウンショットリグをキャストします。
シェイク&フォールそしてステイ、更にはずる引き、少ないテクニックを駆使して獲物を求めます。ラインは東レのソラローム・スーパーハード4lB、ロッドはラグゼカマーの354S、そして餌となるルアーはガルプのワッキークローラー5吋のスモークカラー、リールは98ステラ、2000SDHでした。
2キャススト目で豆バスを釣り、その後の午後2時45分にドラマがやって来ました。

ジャン、ジャン

はい本日は、私が眠くなりましたのでこれでお仕舞いです。
続きは明日のお楽しみとしましょう。
悪しからず。

あれから12年

September 02 [Sat], 2006, 10:41
は息子が小学校5年の時の8月15日に、初めてブラックバスを釣ったのびおか市川島町にある農業用ため池の「新池」の入り口です。近くの工務店まで打ち合わせに行った帰り、久々に訪れて驚きました。

ご覧のように、入り口は頑丈な鉄で出来たフェンスに囲まれ、立ち入り禁止となっていました。
おまけに御丁寧なことに、上から乗り込んで侵入するのを防ぐためなのでしょう、上部には鉄条網まで張り巡らしてあります。

息子がここでバスを釣ってから12年が経ちますが、当時はのびおか中から少年バサー達がチャリンコでやって来ては楽しそうにバス釣りを楽しんでいたものです。

勿論、ブラックバスが特定外来魚種に指定されたことや、この池の管理者の言い分もあるでしょうが、しかしここまでやられ、少年達が自然に接する機会を奪われてしまっては、一体、少年達は何処で遊べば良いのだろうかと思います。

川に潜って手長エビ1匹獲れないどころか川で泳ぐことすら出来ない少年や木登りも出来ない少年、竹とんぼや竹馬を知らない少年、昔からの童謡を全く知らずそして歌えない少年など、この傾向は将来に向かってますます顕著に現れてくる事でしょう。
だからと言って、何等手を打たない今の教育の現実。

何処かの馬鹿兄弟やそのオヤジが人前でいきがったことを喋り捲り、その蛮行をあたかもヒーローの如く祭り上げるマスコミをはじめとした金儲けを企む関係者達、今のこんな日本では、それも頷けるようです。

このフェンスと立ち入り禁止の看板、夢を奪われた少年達の将来を危惧するのは私だけでしょうか。

年間総合順位18位

August 20 [Sun], 2006, 20:42
3匹重量3,020グラムでウエィイン、運良く第2位の成績で最終戦を終えることが出来ました。
これにより年間順位は28位から一挙に18位までアップ、10月29日行われる九州チャンピオンシリーズの参加権利を獲得しました。
ちなみに優勝した熊本の松本さんはキッカーサイズ3本を揃えて3,500グラムでウエィイン、さすがはJBプロでした。
お立ち台風景。
昨年のこの大会で優勝して以来、丁度1年ぶりにお立ち台に立つことが出来ました。

詳細はの熊本チャプターHPにアップされています。
http://www.jbnbc.jp/_NBC2006/view_result.php?id=2610&uid=1156084163

熊本チャプターの那須会長、役員の皆さん、藤原九州ブロック長さん、1年間色々とお世話様になりました。
ありがとうございます。

野尻湖−3

August 20 [Sun], 2006, 16:54
初めて利用した高速道路、西宮崎から西都まで、トレラーを含む料金は700円でした。

野尻湖−2

August 20 [Sun], 2006, 16:33
雨が降ったり止んだりの中、最終戦も無事に終わり、只今帰宅の途中です。
往きの道路崩壊を考え帰りは西宮崎から西都まで高速道路を利用することにしました。
今から東九州自動車道に入ります。
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
宮崎県-土々呂
提供:釣り情報フィッシングラボ
★ プロフィールその他 ★
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:への河童
  • アイコン画像 誕生日:1948年
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:宮崎県
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・アウトドア-磯釣り&ルアーフィッシングの他、アウトドア全般。
    ・グルメ-ビール&日本酒、焼酎の他、魚&肉料理、韓国料理。
    ・音 楽-井上陽水&小椋佳の他、ベンチャーズのエレキサウンド。
読者になる
アイコン画像 釣りの原点は小学の頃のフナ釣りととテナガエビ釣り。
24歳の時に振り込んだカニエサのイシダイ仕掛けが磯釣り初デビュー。
その後グレ、チヌは勿論、トカラ列島のヒラアジやアラなどの巨魚、南西諸島や男女群島などでのビッグオナガ、磯や船からのヒラマサ、ルアーでのヤマメやシーバス、ブラックバスなどあらゆるジャンルの釣りを楽しんで今日に至る。

アイコン画像 過去43年間の主な記録はチヌ60a、スズキ8.2`、ヤマメ42.5a、ブラックバス57aなど。
そして阪神淡路大震災発生前日の平成6年1月16日の夕刻、男女群島中ノ島の「吉田の2番」で仕留めた71.4a、4.75`のオナガグレが自己最大の記録。

アイコン画像 これまでの主な大会での優勝、入賞歴はオールジャパングレ磯ロイヤルカップ4回の優勝と3回の入賞(鶴見)、東レスーパースターカップ優勝(下五島大宝)、WFG2年連続優勝と入賞3回(鶴見及び五島列島)、亞洲海釣錦標選抜賽第3位(韓国)、スポーツフィッシングワールドカップ第3位(オーストラリア・ゴールドコースト)、G杯争奪チヌ九州大会(宮之浦)、G杯争奪グレ九州大会(鶴見)、GFG杯争奪チヌ(九十九島)、がまかつテスター会グレ(紀伊大島)、日韓親善スポーツグレカップ(上五島)、NBCチャプター熊本野尻湖戦(野尻湖)優勝2回などなど。

アイコン画像 天孫降臨の地、宮崎県高千穂町の神々の里に生まれ、現在はかみさんと二人で延岡でぼちぼち暮らす。
今まで数々の夢と感動を与えてくれた釣友と魚たちに心から感謝し、少しばかりの電気工事をこなし、孫の成長に癒されながら、年に数回の旅行を楽しむ日々。
がまかつ会延岡磯研、釣研FG延岡支部、MFG九州、GFG宮崎県支部、TFT九州所属。
全九州釣ライター協会常任幹事。

アイコン画像 目標は生涯現役釣り師。夢はオナガグレ71.4aの自己記録更新。
★ コ  メ  ン  ト ★
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年05月26日)
アイコン画像麻衣子
» 太陽君 (2017年05月26日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年05月26日)
アイコン画像麻衣子
» 太陽君 (2017年05月25日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年05月25日)
アイコン画像おばちゃん
» 太陽君 (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» お袋さん (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» 太陽君 (2017年05月24日)
アイコン画像akoako
» 太陽君 (2017年05月24日)
アイコン画像麻衣子
» お袋さん (2017年05月24日)
アイコン画像麻衣子
» 太陽君 (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» 5月23日(火)・ラブレターの日&キスの日 (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» ワイン (2017年05月24日)
アイコン画像への河童
» ワイン (2017年05月24日)
★ Yapme!一覧 ★
読者になる
★ 月別アーカイブ ★
http://yaplog.104aki.com/index1_0.rdf